がん闘病日記

初めての手術

投稿日:2010年8月30日 更新日:

ついにこの日がやってきた

朝から手術着に着替えたところで両親が到着。

私の長い髪を、母が丁寧に束ねてくれました。
子供の頃は毎日こうやってもらってたな~なんて思いながら。

それはそうと、もうすぐ手術が始まるっていうのに夫が来ない。
電話もメールも応答なし。

結局、夫は来ぬままお迎えの先生がきてしまい、両親とともに手術室へ。
元気に歩いて向かったものの、手術室の前まで来るとやっぱり怖い。。。

心配そうな両親に悟られぬように、

「いってきます!がんばってくる!」
「いってらっしゃい!がんばりや!」

両親に見送られ、いざ手術室へ入場。
手術室は、ドラマで見るよりもだだっ広くて、真ん中に手術台がぽつーん。
仰向けになるように促されると、看護師さんや麻酔科の先生に取り囲まれて着々と準備が進む。

麻酔科医師「どう?こわい?」

「めっっっちゃこわいデス。」

麻酔科医師「じゃあやめる?」

「・・・・」

手術前の私の記憶はここまで。
ゆっくりと麻酔が効いて、ゆっくりと意識がなくなった。

「・・・さ~ん、わかりますか~?」

手術が終わり・・・

長時間の手術が終わり、看護師さんの呼ぶ声で目覚めたのも束の間、猛烈な熱気と息苦しさと痛みを感じて気を失い、再び目を覚ました時にはICUのベッドにいた。

目を覚ましてすぐに両親が入って来て、その後ろに夫。何だかバツが悪そうな夫。
どうやら夫は寝坊して、母からの鬼電で目覚めてダッシュで来たらしい。

なんて夫だ。いや、そんな事はどうでも良い。

とにかく息苦しく、声も出ず、身動きもとれず、つらい。
ふと、父が私のおデコに手をあてる。

「お前、こんなにデコ狭かったか~?」

おい、今それ言う?なんで言うた?笑かすわー。声が出ないので ツッコミを入れる事もできず、また意識が遠のいた。

次に意識が戻ったのはどうやら真夜中。
とにかく苦しくて、暑くて、痛くて、死にそうで、水も飲めない状態の私に、看護師さんが何度も何度も脱脂綿で水分を口に運んでくれた。
その他にも、文章では書けないほど地獄のような状況だったけど、付きっきりで看護師さんにお世話してもらい、なんとか夜を越しました。

まさに天使。神様。仏様。あの人がいなかったら乗り越えられなかった。

この日は本当に辛かったなー。

人気記事

1

美肌を目指す人達の間で強い人気を誇る「トレチノイン」と「ハイドロキノン」をご存知ですか? 私は27歳の時にがんになり、治療の為にたくさんの薬を飲んだり、長期間まともに食べる事ができなくなりました。 病 ...

手術の傷跡 2

赤黒く目立つ手術跡をトレチノインとハイドロキノンでケアしたところ、かなり薄くなってきました。 以前から、顔にはトレチノインとハイドロキノンを使用しており、その効果を十分実感していたので手術跡にも使った ...

3

私がこれまで何度もトレチノインとハイドロキノンの治療を実践してきた中で、個人的に特に効果が高かったと思う使い方や、併用しているおすすめアイテムをご紹介します。   トレチノインとハイドロキノ ...

-がん闘病日記

Copyright© すこやかキレイ〜がんになっても美容と健康を諦めないBLOG〜 , 2021 All Rights Reserved.